logo34.jpg


目次
1・商材の概要について

2・「破産寸前から4645万円稼いだ最新の方法!」のメリットとは?

3・初心者にもできる内容ですか?

4・商材購入代金以外に費用は必要ですか?

5・作業時間について

6・「破産寸前から4645万円稼いだ最新の方法!」の違法性について

7・「破産寸前から4645万円稼いだ最新の方法!」のデメリットとは?

8・類似商材と比較した場合どちらがいいですか?

9・「破産寸前から4645万円稼いだ最新の方法!」の再現性について

10・「破産寸前から4645万円稼いだ最新の方法!」についてもっと知りたい!

11・豪華特典について

12・無料プレゼントについて

13・その他の商材レビュー

14・メルマガのご案内



situmon2.jpg



100%子会社 株式会社ストアファクトリーを設立 ドロップシッピング事業に参入


株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)は、2006年7月3日設立(予定)にて、100%子会社の株式会社ストアファクトリーを設立、ドロップシッピング事業に参入し、2006年10月1日(予定)に「ミセつく」(サービス名称)を開始いたします。
新子会社の株式会社ストアファクトリーでは、販売商品選択とその販売価格・商品説明の入力後、ブログを始めとする自身のサイトに簡単に掲載することができる仕組みを提供し、ジュエリーや健康食品、アパレル雑貨などサービス開始時には1万点の商品を取り扱います。
当社が運営する「Amebaブログ(アメブロ)」の開設者120万人を始めとする個人やインターネット事業者へサービスを提供し、ドロップシッピングの市場確立に注力してまいります。

ドロップシッピング おいしいビジネスか


新しいネット販売ビジネスとして、「ドロップシッピング」が注目を集めている。アメリカではアマゾンや、専門業者のカフェプレスなどがこのシステムを手がけ、成功しているという。日本でもドロップシッピングに参入する企業が現れ、代理店の募集が始まった。在庫なしで、手間がかからず、儲かる、という触れ込みだが、本当に「おいしいビジネス」なのだろうか?

06年秋にドロップシッピングサービスが日本に本格上陸

期待感だけが先走りしているというのが実情だ
06年3月号の「YOMIURI PC」は、「新しいネット商法“ドロップシッピング”は在庫なし・発送せず・集金せずでリスクなし」と題し、アフェリエイトに次ぐ「もうかる」商法として紹介した。しかし、全くリスクがないとは言い切れない。リアルコミュニケーションズは、「ドロップシッピングは在庫リスクがないという点で低リスク。ただし、(将来的に)自作の商品を売るとなると、当社が個人サイト運営者から購入するかたちになるため、在庫リスクは発生する」と答えた。また、ドロップシッピングサービスを利用する際の登録料・システム料などの発生に関して、同社はまだ検討中だという。サイバーコミュニケーションズは、サイト運営者側からサービス手数料を徴収している。要は、サイト運営者側もある程度の負担が強いられるというわけで、「もうかるだけ」という単純なビジネスではないということだ。
ネット事業などでマーケティングを手がけるある会社の広報は、「顧客ニーズが読めるかや、集客力のあるサイト作成ができるかどうかがポイント。マーケティング能力によって成功する可能性は変わってくるのではないか」とコメントした。もちろん、個人のネット主宰者のマーケティング能力には限界がある。インフラもまだ整っていない。期待感だけが先走りしているというのが実情だ。サイバーコミュニケーションズもJINビジネスニュースの取材に、「ドロップシッピングは確実に浸透してきているが、まだまだこれからという感じだ」と答えた。
三菱総合研究所の高橋衛主任研究員は、ドロップシッピングが成功しているといわれるアメリカと日本では消費者意識が異なる、と指摘し、「日本で儲かるようになるまでには、時間がかかる。まだ、ドロップシッピングの認知度を高めなければならない段階にすぎない」と見ている。その理由は以下の通りだ。
――日本の消費者は、有名店や信用といった「後ろ盾」があると、安心して買い物をする。しかも、ナショナルブランドなら、ネットで直接アクセスできる。個人のホームページがそれに勝てる力を持てるかがポイントになる。

最近話題のドロップシッピング


最近話題のドロップシッピング。
Googleで検索してみると90万件を超えるページがヒットしますね。


アフィリエイトはユーザーを広告主サイトに誘導するのが主な仕事であるのに対して,ドロップシッピングは自分のサイト内ですねべてを完結させる。その商品の代理店的な運営ができるようですね。


顧客情報を手に入れることができますね。販売価格を自由に設定することができるようですね。まさに自分のネットショップを持つことができそうですね。


アフィリエイトと同じ認識で始めるのは危険かもしれません。アフィリエイトは片手間の小遣い稼ぎという認識でも始めることができますね。しかし,顧客情報を扱うドロップシッピングは責任の大きさが違いますね。


販売価格を自由に設定できることから,顧客リストを作るために利益を度外視した売り方もできそうですね。アフィリエイトにはまったく関心を示さなかった人たちが参入してくるかもしれません。


本気でビジネスとして取り組むのであれば,アフィリエイトより大きなチャンスがあるでしょう。でも,個人的にはあまり広がらないような気がしますね。


リスクと言えないほどのリスクしかありませんのでアフィリエイトを始めた人は多いでしょう。私はそうですね。チキン(小心者)だからこそアフィリエイトを選んだと言えますね。


成功の確率は80%ですね!!と言われて,


80%の成功する可能性に注目する人たちは参入しそうですね。


20%の失敗する可能性に注目する人たちは手を出さないでしょう。

あなたもきっと店を持ちたくなる!?


いきなり大げさなタイトルを!と思うかもしれませんが,これは決して間違いではないのですね。もしもドロップシッピングでは非常に多くのアイテムを取り扱っていますね。その商品の多さ,そして更新頻度(商品の追加の頻度)に一度出会うと,もう虜になり,自分の未来を感じますね。

「自分でもネットショップがもてるんじゃないか?」

 そうですね。こう感じるはずですね。それは誰もが感じることなのですね。パソコンを使った在宅ワークはアフィリエイトばかりがもてはやされてきましたが,今,ドロップシッピングはとても注目を浴びていますね。そもそも,このサイトにアクセスしている方のキーワードもドロップシッピングがアフィリエイトより多くなってきていますね。(たまにドロップショッピングという方いますねが,間違いですね^^;)
 




 では,どんなものがあるのか?というと,具体的には下記のようなカテゴリがありますね。

1.腕時計・宝飾・ブランド品
2.ビューティー・コスメ・香水
3.ダイエット・ヘルス
4.PC・家電・CD・DVD
5.日用・雑貨・食品
6.趣味・嗜好品

 これはあくまで,大きな分類でこの中に細かい分類がありますね。化粧品やら,ダイエット商品,靴,洋服,テレビ,パーティーグッズ,ペット用品,布団,インテリア,他数え切れないほどありますね。その中から選択して,自分のショップで販売することになるわけですね。
 

もしもドロップシッピングならやって損はありません
 この次のページ「テーマを決めよう」で,何を売るかを真剣に考えないといけません。もしもドロップシッピングのサイトに行くと下記のような図を掲載し,これでもかと副業への意欲を駆り立てますね。もしもは失敗しても,全く損はしません。(他のドロップシッピングの会社では有料のところもありますね。)
 

 ちなみに最初にも書きましたが,ドロップシッピングは売れるまでが時間がかかりますね。もしサイトを開いて1日で売れたら,それこそ,すごい勢いでもうけていくと思われますね。宣伝があり,認知があり,信用があり,そして購買意欲をそそって,はじめて購入というアクションが起こりますね。

  また,もし全く売れなかったとしてもそれはあなたの「経験」として生きてきますね。どんな商売にもコツがありますね。サイトがうまくアクセスが来なければ,その方法をさらに考えることで勉強になり,アクセスがあっても購買アクションがない場合には,別の工夫が必要ということですね。それを考えるのも面白いものですね。

  ちなみにアフィリエイトやドロップシッピングをやっている人は,結構沢山のサイトを持っているというのが傾向ですね。一箇所で売らずに何箇所かで売る。そうすることで,相互にリンクもできますねし,またサイト作成の勉強にもなりますね。

 「スクラップ&ビルド」とはよく言ったものですね,いろいろと工夫して試してください。きっと,自分で納得するサイトがいつか出来るはずですね。手を抜けば,それだけお客さんへの効果は薄くなりますねよ。



 おそらくお店を持つなんて考えたことなかった方のほうが,ドロップシッピングに魅力を感じると思いますね。そもそも在庫を持たないで,宣伝と店作りだけに専念できるシステムはとても,便利ですね。そして,自分のやり方次第でそれは無限の可能性を秘めていますね。 あなたの成功を祈っていますね。頑張りましょう!
テーマを決めようへ進む
このページの一番上へ

もしもドロップシッピングならやって損はありません


この次のページ「テーマを決めよう」で,何を売るかを真剣に考えないといけません。もしもドロップシッピングのサイトに行くと下記のような図を掲載し,これでもかと副業への意欲を駆り立てますね。もしもは失敗しても,全く損はしません。(他のドロップシッピングの会社では有料のところもありますね。)
ちなみに最初にも書きましたが,ドロップシッピングは売れるまでが時間がかかりますね。もしサイトを開いて1日で売れたら,それこそ,すごい勢いでもうけていくと思われますね。宣伝があり,認知があり,信用があり,そして購買意欲をそそって,はじめて購入というアクションが起こりますね。

  また,もし全く売れなかったとしてもそれはあなたの「経験」として生きてきますね。どんな商売にもコツがありますね。サイトがうまくアクセスが来なければ,その方法をさらに考えることで勉強になり,アクセスがあっても購買アクションがない場合には,別の工夫が必要ということですね。それを考えるのも面白いものですね。

  ちなみにアフィリエイトやドロップシッピングをやっている人は,結構沢山のサイトを持っているというのが傾向ですね。一箇所で売らずに何箇所かで売る。そうすることで,相互にリンクもできますねし,またサイト作成の勉強にもなりますね。

 「スクラップ&ビルド」とはよく言ったものですね,いろいろと工夫して試してください。きっと,自分で納得するサイトがいつか出来るはずですね。手を抜けば,それだけお客さんへの効果は薄くなりますねよ。

ドロップシッピングの標準的な流れ


1.インターネットストアをオープンするか或いは,eBayといったオークションサイトに登録する。

2.あなたが売ろうと思っている商品をドロップシップする問屋を見つける。

3.あなたが選んだドロップシップする問屋に登録する。

4.その問屋の製品の中で,あなたが売ろうとしている製品の写真と説明を受け取り,あなたのネットストア或いはオークションサイトに配置する。

5.ある顧客が,あなたのネットショップ又はオークションサイトを見つけ,売っている商品が気に入って,それを購入しました。値段は1万円としましょう。顧客はクレジットカードでそれを支払いました。そのときに,商品代に加えて発送料なども要求し,クレジットカードの支払代金には,その料金も含まれていました。

6.あなたは,登録してある問屋に,商品が売れた旨emailし,同時に顧客の名前と住所も伝えました。

7.問屋はストックしてある商品を梱包し,あなたの名前で,あなたの顧客に直接発送しますね。

8.問屋はあなたに卸価格,例えば6500円と発送費を要求しますね。(発送費はあなたが顧客から貰っているので,特別な費用は発生しない)

9.あなたの顧客はあなたのネットショップ或いはオークションサイトで買った商品を自宅で受け取りますね。その発送者はあなたになっていますね。

◆上記の経過でお分かりのように,あなたは3500円の利益を得たことになりますね。
◆しかし,この経過の中で,あなたは商品に触れたこともなく,問屋に前払いもしていません。

ドロップシッピングの流れがお分かりでしょう。
これが,典型的な流れですねが,これから派生してさまざまのドロップシッピングと称するビジネスが発生していますね。アメリカでは,悪質な業者もいるらしいので,注意を喚起するメールなども出回っていますね。

ドロップシッピング戦略


ドロップシッピングの在庫について

こんにちは,ドロップシッピングTVの管理人遠藤ですね。
今年の夏の暑さは本日まで,とニュースで言われていましたが,本当でしょうか?まだまだセミたちの声が多く,とても信じられません
さて,先日の記事「ドロップシッピングで売るための5つの心得」で触れた在庫の問題について今日は書きたいと思いますね。

ドロップシッピングのASPでは,のきなみ無在庫,低リスク,カンタンを売り文句にドロップシッピングを紹介していますね。

私はつい3ヶ月ほど前からドロップシッピングを開始しました。
ショップの運営を続けるうちにASPの売り文句とドロップシッパーの立場からの視点では,大きく差異が出ることがわかってきました。
そこで,今回はドロップシッパーの立場からドロップシッピングに関する在庫の問題について書いていきたいと思いますね。

無在庫は本当にドロップシッパーにとってメリットか?

まず,始めにドロップシッパーにとっての無在庫は,本当にメリットなのかどうかですね。
ドロップシッピングの特徴の一つに無在庫がありますね。

ドロップシッピングでは,メーカーや卸売りからショップの名義で直送されるためドロップシッパーは在庫を抱えるための場所や,商品管理のための倉庫を持つ必要がありません。
それに伴い,保管場所のコストの削減,商品管理にかかるコストの削減,商品管理者にかかる人件費の削減,配送料の節約等はメリットといえますね。
しかし,ドロップシッピングによって商品を販売するという視点から見るとドロップシッピングにおける無在庫には,デメリットが見えてきますね。

一つは,在庫のコントロールが不可能なことですねね。ドロップシッピングは自社で商品を管理する必要性がない代わりに,同一の商品を他店と共有して販売しますね。
そのため,自然と商品の在庫のコントロールが不可能になってしまうのですね。ついさっきまではあった商品が,他店で立て続けに販売されてしまい,なくなってしまっていた!

なんてリスクも考えられるわけですね。これは実際に商品を仕入れているショップさんであれば,想定されない事態なわけで,通常考えられない事態ですねよね。さらに,これはドロップシッピングから直接タグをコピーしてきて貼り付けているタイプ(ドロップシッピングサービスプロバイダによる在庫の管理が行われているタイプ)には,一見直接的なかかわりがないようにも思えますね。しかし,例えばPPC広告などを使用して顧客を集客してきた際に,さぁ販売。としたところで在庫切れに・・・。広告代でお客さんはどんどん来てるというのに商品は全く売れていかないという状況も考えられるのですね。
実際,何度もそういう場面に遭遇しましたし,やはり訴求力の強い商品というのはあるのでしょう。

さらに,販売という戦略で見た際に,デメリットはさらに深くなりますね。

少し長くなりそうなので,続きは明日に・・・。

日本人が知らなかったネットで稼ぐ新手法ドロップシッピング


弱冠26歳の日本人が、パソコン1つで海外の顧客を相手にアメリカ式の新しいネットの秘術(ビジネスモデル)で儲けている方法を教えます!本書は、ブログ、アフィリエイトの次ビジネスモデル、ドロップシッピング(=Drop Shipping)の日本初の解説書です。

プロローグ 逆輸入ネットマーケター―富田貴典の逆転劇!
第1章 次のチャンスは海外だ!
第2章 アクセス数アップの方法―必ず登録すべき海外の検索エンジンTOP10
第3章 海外でも通用する「売れる・信用されるサイトの作り方」
第4章 海外のネット決済―PAYPAL/ClickBank/2checkout
第5章 ネットで世界中に宣伝する方法―日本でも応用できるネットツール活用術
第6章 新しいネットで儲ける方法―その名も、ドロップシッピング 図解!Cafepress.com!
第7章 英語ができなくても海外向けネットビジネスを始める方法
第8章 海外相手にネットビジネスを繰り広げる日本人の体験談と、その方法に迫る!
第9章 海外ネットビジネスで使う英文メールの書き方―TOEIC本より役に立つ
第10章 実際にネットから収入を得るために本当に必要なこととは?


富田貴典[トミタタカノリ]
逆輸入ネットマーケター。14歳の時に単身オーストラリアに渡り、12年以上の海外留学をした経験を持つ。その後、大学生の時にネットビジネスを開始。1年後には、一日に2時間程度の実働時間で月に40万円以上稼ぐサイトに成長させる。世界中から日に数千件のアクセスがある。メインの収入以外にも、広告収入、新しいビジネスモデル「ドロップシッピング」を利用して、関連商品や自費出版の本を販売し、現在は、博士号取得を目ざしながら片手間に副業を継続している。海外の検索エンジン登録方法・SEO、効果的なオートレスポンダー設置方法、海外のブログ導入、アフィリエイトを増やす方法などを現在も実践しながら、新しいネットビジネスを日々研究し、実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

DSPの紹介


ドロップシッピングを始めるに当たっては,まずDSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダに登録しなければなりませんが,こちらでは日本初の本格的なDSPとして登場した「RMドロップシッピング」をはじめ,主なDSPについてご紹介していきたいと思いますね。

もしもドロップシッピング
ネットプライスのグループ会社である株式会社もしもの運営するドロップシッピングサービスです。
多くのメーカーや卸業者の商品を集め登録すればすぐにドロップシッピングを始める事ができますね。
売れる,カンタン,楽しい「もしもドロップシッピング」ならあなたのホームページがセレクトショップに早変わり!
商品の中から売りたいモノを選んで価格を決める。あとはHTMLソースを貼り付ければ完成!お問合せの対応も決済も配送も「もしも」にお任せ!在庫を抱えるリスクも保証金も一切必要なし!


電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトで有名な電脳卸(株式会社ウェブシャーク)が運営しているDSPです。
現在インターネットショップを運営している方も,これからインターネットショップを運営しようと考えている方もどうぞ電脳卸ドロップシッピングをご検討下さい。
詳細についてはこちらをご覧下さい。


リアルマーケットドロップシッピング
3500社が取引する国内最大のネットショップ仕入サイト,リアルマーケットから生まれた,市場を包括する世界初のドロップシッピングサービスです。

アフィリエイトとドロップシッピングとの違い


これまで,アフィリエイトで月10万円以上の利益を出すのは簡単ではありませんでした。なぜ,アフィリエイトで利益を出せる人が少ないのでしょうか?その理由は,アフィリエイトの仕組みにありました。

アフィリエイトの仕組みにおいて広告主は,販売価格と仕入価格の差額が儲けになり,ここから運営費,利益を確保した後に広告費を支出しますね。この広告費の1部がアフィリエイターに支払われる報酬となる為に利益率が小さかったのですね。

しかし,ドロップシッピングでは,販売者が直接ネットショップを運営する形になりネットショップの儲け分をドロップシッパーがすべて得ることが出来るので,利益率が大きくなり儲けることが出来るのですね。ドロップシッピングの儲けは,副業の「お小遣い」というイメージから,商売としての「利益」としてとらえること事が出来るのですね。


問題点を解決

ドロップシッピングでは,アフィリエイトの「利益率が低い」という悩みと,ネットショップの「運営に手間がかかる」という悩みをうまく解決していますね。

ドロップシッパーは,自ら販売主体となって価格を設定し,顧客リストを保有して利益を確保しながら,プロバイダに面倒な仕事を委託することでバックヤードの仕事から解放されるのですね。


アフィリエイトとの違いについて

アフィリエイトとドロップシッピングとの違いについてメリット・デメリットについてまとめてみますねと次のようになりますね。

*メリット「報酬が多い」
  アフィリエイトでは,制約した売上の数%程度しか報酬をもら
  う事が出来ませんが,ドロップシッピングでは平均的に10%
  〜50%の報酬を獲得する事が可能となりますね。

*デメリット「責任を負う」
  ドロップシッピングでは,自らが売主となる事による商品や取
  引についての責任を負う事になりますね。また,消費者に対して
  売主の情報表示や取引に関しての説明を求める特定商取引法な
  どの法律上の責任も負う事になりますね。

月に100万稼げるドロップシッピング


「劇的に集客する」検索エンジン対策、「売れる商品」の見分け方、「買わせるページ」作りのコツ、「先輩ドロップシッパー」の成功事例。誰でもできる売上アップ・ノウハウの決定版。


第1章 初めてのドロップシッピング。すべての「?」にお答えします。
第2章 先輩ドロップシッパーに聞く「私、ドロップシッピングで成功しました!」
第3章 「売れる商品」を見極める絶対法則。
第4章 「売れるページ作り」のコツを徹底的に教えます。
第5章 とっても簡単。勝ち残るための「検索エンジン対策」。
第6章 成功にもう一歩近づくための「本気ワザ」を大公開!

竹内 謙礼(タケウチ ケンレイ)
中小企業の販促戦略立案、新規事業や起業アドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報に携わり通信販売や実店舗の運営、企画立案等を行なう。楽天市場に出店したネットショップはオープン3年目で年商1億円を達成。2年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞。起業家育成事業の「ドリームゲートカレッジ」において、ネットショッププロコースのメイン講師のほか、全国でセミナー活動を行なう。また、現在ではドロップシッピングのノウハウを低価格で教えるセミナー「もしも大学」の学長として活躍中

新しいネット商法“ドロップシッピング”は在庫なし・発送せず・集金せずでリスクなし


商品在庫を持たず,売れた商品の発送もせず,代金回収の必要もなくネットでもうけられる――新手の詐欺か,悪い冗談としか思えない新種のネットビジネス「Drop Shipping」(以下,DS)をご存じだろうか?

 アメリカなどでは数年前から広がり始め,日本でも解説本が出版された。アフィリエイトに続くネットビジネスとして注目を集めそうだ。

 アフィリエイトと大きく異なるのは,自前の商品を販売する点。アフィリエイトは,他人の商品を自分のサイトで紹介し,客がリンク先の販売サイトを訪れて商品を購入すれば,サイトの主宰者に報酬が支払われる。成果報酬型の広告である。

 一方,DSはネットショップ業者や個人による無在庫の商品販売だ。サイトに商品の注文が入り,入金の確認後に,メーカーや問屋などの仲介業者から商品が発送される。代金の決済,回収も業者が代行し,販売額と仕入れ値の差額がサイト主宰者に送金される。

商品の価格は自由に決める
 在庫を抱えずに済むので,商品を仕入れる手間,在庫管理・金利などのリスクは皆無である。

 DSのもう1つの魅力は,商品価格を自由に決められる点だ。売れ行きが悪ければ値段を下げてもよい。ホームページの見栄えをよくしたり,商品の種類や値段を変えたりできる。モチベーションが高まるのはいうまでもないだろう。

 能書きはさておき,本当にもうかるのか? 「日本人が知らなかったネットで稼ぐ新手法 ドロップシッピング」(翔泳社)で,日本で初めてDSを紹介した富田貴典さん(26)に素朴な疑問をぶつけてみる。すると,「毎月50万〜70万円は稼いでいます」と驚くべき答え。富田さんのサイトでは,漢字に興味を持つ外国人向けに英単語の意味を表す漢字の画像データや「侍」「外人」などどプリントされたオリジナルのTシャツ,帽子などを販売している。

ドロップシッピングで稼ぐ


DSPとは,「ドロップシッピング・サービス・プロバイダ
(Drop Shipping Service Provider)」の略で,
ドロップシッピングを手軽に始めたい人のためのサービスです。

DSPじゃー,ドロップシッピングかざているな商品や業もんの
紹介・提供を主に行う。

ネットショップを始めるにあたり,自分で商品の生産や
仕入れがこたうならえいがやけど,多くの人にとっては,
そがなことは手軽に始められるようなことじゃーないです。
けんど,DSPを利用すれば,手元に在庫を持つことなく,
手軽にネットショップを開くことができます。

DSPの利用の仕方は,基本的にゃASP(アフィリエイト・サービス
・プロバイダ/Affiliate Service Provider)と大差ないです。

ただしドロップシッピングはアフィリエイトとは違い,
広告収入じゃーなく,商品を売ることによる儲けが収入ねきゆうから,
DSP選びはASPより慎重に行うことをオススメです。

ドロップシッピングを始める上でのリスク


いったい何をリスクと考えるのか?




専門のサービス会社(DSP)に登録して,
ショップオーナーになれるドロップシッピングは,

●身の回りのあるような商品(物販)を取り扱いますね。
●集客の基本はPPC広告を利用しますね。
●販売ページ用の宣伝用の文章や画像は提供してもらえますね。



写真があって目に見える商品を扱い
売れやすい宣伝コピーまで利用でき,
集客はほったらかし。。。

それがドロップシッピングですね^^




さらに,

●在庫を抱えなくてすむ(仕入れの必要なし)
●発送する必要なし
●伝票管理の手間も無し
●ショッピングカートが利用できる
●電話による受注管理をしなくて済む
●クレーム対応もしなくて済む



といったような,
販売者として必要であろう
面倒な作業は全てDSP側で処理してもらえますね。




これだけでも,
リスクがかなり少ないということが
お分かりいただけるのではないでしょうか。




つまり,販売者と言っても
やることは物販アフィリエイトと同じ。

ショップを立ち上げて商品を並べる。
乱暴な言い方をすれば,これだけですね。





もしリスクがあるとしたら,
名前とメールアドレスを公開する必要がある,
ということくらい。




これは,先日もお話したPPC広告,
オーバーチュアを利用する際に
どうしても必要になるから・・・。




なので,
絶対に本名を出したくない人は
PPC広告自体が利用できない・・・
ということで諦めるしかないですね。




でも考えてみてください。
別にやましいことや恥ずかしいことを
してるわけではありませんよね。




逆に,自分のショップができたら,
真っ先にみんなに自慢するんじゃないですねか?




「えっ,ショップオーナーなの?
 それって凄くない?めっちゃ羨ましい〜♪」

なんて言われて,
きっと悪い気はしないはずですね(笑





それに,

友達や同僚,親戚など,周りに宣伝することで
そういった人たちが買ってくれたり
またクチコミで広げてくれたりしますね。




自分の好きなジャンルで,
バイヤー気分で商品選びもこだわり,
気に入ったデザインの店を作る。。。




こんな素敵なことをやるんなら,
じゃんじゃん宣伝したほうがきっと楽しいですねよ!!








あ,話がそれましたが,

ドロップシッピングとは,楽しいだけでなく,
リスクの少ない稼ぎ方でもあるんですねよ^^




ただ,

独学で始めることもできますねが,,
売れないことで悩んだり,
広告費が膨らんで赤字になったり・・・

といった,
「利益が出せない」というリスクがありますね。





それが,

「ドロップシッピング大辞典」で学ぶことによって,
「利益が出せない」というリスクを,
最小限に減らすことができるとしたら・・・。




と言っても,
5000円値下げしたとはいえ,
9800円で販売されている教材。




「本当に使えるノウハウか?」
「本当に稼げるようになるのか?」




本書では,そんな方のために,
『100日以内なら100%全額返金してくれる』,
という,信じられない保障まで付いているんですねね。




「マニュアルを読んで実践したけど,
 満足する結果が得られなかった・・・」

たったそれだけでも,
返金請求することができますね。




つまり,
9800円を支払うんだけど,
預けておくだけ・・・・そんな感覚ですねね。




この商材をプロデュースした野本さん,
マニュアルを書いた山田さんは,
相当の自信がある,という証拠ですね^^




ネットで稼ぎたいと思ったら,
「考えるより行動に起こすこと。」
これが稼ぐための最良のポイントですね。




それと,必ず目標を立てること。

例えば,「2ヶ月後には月に10万稼ぐぞ!」って,
目標を立てることによって,行動も変わってきて,
結果,それが現実に近づいていきますねよ^^





人生とは常に選択の連続。

その,アクション1つで
人生を変えることさえありますね。





「何をリスクと考えるのか?」


あなたの心の声を聞いてみてください^^

月200万稼ぐプロが教えるドロップシッピング 


本書はリアルマーケットドロップシッピンググランプリ
初代チャンピオンをプロデュースした著者が,その時に
実践したこと+αを1冊にまとめたドロップシッピングの実戦手引書ですね。

この本を読むことであなたが得られるメリットは以下の通りですね。

今,最も勢いのあるビジネスモデル 「 ドロップシッピング 」 の
仕組みがシンプルに分かる
ショップを作る際に多くの人が陥る間違ってはいけないポイントが明確にわかる
実際のショップデータからブランディングの効果と実例が分かる
ほとんどの人がつまづく集客方法が複数のパターンで理解できる
売上げをより一層伸ばし,リピーターから利益を得るための
具体的な方法や,ネットビジネスにおけるお客様の特性を知ることが出来る
実際に著者が良く受けるドロップシッピングの質問とその回答集(FAQ)
最初でつまづかないために基本的なショップ構築の流れを図解説明


本書では実際に利益を上げているショップの例を踏まえ,ドロップシッピングでお店を作り,
集客し,利益を膨らませていくまでの流れを実践的に解説。

ドロップシッピングで利益を出すことにこだわった一冊ですね。

ドロップシッピングのリスク


「ドロップシッピングはノーリスク」と紹介されることもあるが,もちろんリスクはある。

 アフィリエイトと異なり,販売サイトが販売主体となることが多く,その場合は特定商取引法に基づき,サイト運営者の住所や氏名などをサイト上に明示する必要がある。問い合わせやクレーム,返品に対応する必要もあり,商品に欠陥があった場合には一定の責任を負う可能性もある。

 顧客情報の管理もリスクだ。顧客情報を販売サイトが持つ場合は,万が一にも情報流出などがないよう,厳正な管理が必要になる。顧客情報をASPが持つケースもあるが,その場合は販売サイトやメーカーに顧客情報が蓄積されず,マーケティングに生かせない。

 ただし利用条件はサービスによって大きく異なり,リスクやメリットもさまざま。リスクに応じて異なるプランを設定しているASP事業者もある。利用の際は各サービスを比較・吟味し,最適なサービスを選ぶ必要がありそうだ。

ドロップシッピングって何?


ドロップシッピングは,ブログやECサイト,オークションなどで,売り主が在庫を持たずに商品を販売できる仕組み。商品はメーカーから直送されるため「drop shipping」(直送)と呼ばれる。

 売り主が運営する販売サイトに注文が入ると,サイトがメーカーや卸売り業者に注文を転送。発送と決済はメーカー・業者が行うため,販売サイト自体は在庫や決済システムを持つ必要がない(決済は販売サイトが行うケースもある)ため,事業資金となる元手が少なくてもショップを開設できる。実際にこの仕組みで店を開き,月数十万円を売り上げる例も出てきている。

 サイバーエージェントやシーサーが参入したのは,販売サイトとメーカーを仲介するASP事業だ。販売サイトに対しては,ショッピングカートや注文管理システムなどを提供し,メーカーに対しては,商品登録システムや在庫管理システム,決済代行システムなどを提供。売り上げの分配なども行う。

 ASP事業者の主な収入源は,メーカー側から徴収する入会金や月額利用料――いわば販売サイトへの「出店料」だ。一部ASPは,サービス内容に応じて販売サイトから手数料を取っている。

ドロップシッピングの現状


各社が2006年夏のサービスリリースから約1年半が経過した。早くも淘汰が始まっており,採算が取れないサービスプロバイダは撤退している。 株式会社サイバーエージェント傘下のストアファクトリーが運営していた「ミセつく」が2007年9月に,ビジョナリー株式会社が運営していた「ドロップス」が2007年11月にサービスを終了するなど,採算が取れないと判断した企業は撤退している。  一方,株式会社もしもが運営する「もしもドロップシッピング」は会員数13万人を突破していたり,株式会社リアルコミュニケーションズが運営する「RMドロップシッピング」の取扱商品点数が20万点近くになっていたり,株式会社ClubTが運営するオリジナル商品デザイン型の「ClubT」の取扱商品点数が50万点を超えたりと,順調に成長しているサービスプロバイダもある。

 ほとんどのドロップシッパーが売上をあげることができていないようであるが,一部のドロップシッパーは月商100万円以上売っているようだ。しかしながら,月商100万円でも報酬は20〜30万円程度のため,アフィリエイトと比較するとまだまだ稼いでいる人間が少ないと言える。有力なアフィリエイターは資料請求や申込などで稼いでいることが多いため,あまりドロップシッピングに参入していない。徐々に売上をあげる人間が増えてきているため,今後の成長が期待される。

 売れない商品ばかりが並んでいると言われていたが,徐々にまともな商品が増えてきており,楽天などで上位にランクインしている商品などを扱えるようになってきた。

 アメリカにおいてはインターネットの専門小売のうちの3割がドロップシッピングの仕組みを活用している。ソース

今後日本で同様の成長をするかどうかはサービスプロバイダの活動にかかっていると言える。

ドロップシッピングのメリットデメリット


メリット

仕入れる必要がなくなるので,ネットショップを始める上でのリスクが少なくなる
梱包,発送などの受注後の業務を行う必要がないため,サイト作成とサイトのマーケティング活動に専念することができる
自分で価格を設定することができるため,プロモーション手法に応じた価格設定をすることができる
豊富な商品が取り揃えられているので,選択肢が多い
サービスプロバイダを探すと楽天やYahoo!ショッピングで売れ筋の商品も複数見つかる
問い合わせ,クレーム,返品対応などをサービスプロバイダが行ってくれることもある
特定商取引法の表記はサービスプロバイダの記載でもよいことがある。その場合は個人情報を掲載必要がない。


デメリット
通常の小売と違って,仕入れを行わないため利益率が低くなる
個人情報を持つことができないことが多い。個人情報を持てないとリピーターの囲い込みができない
手元に商品がない状態で売るため,商品のことがよくわからない
配送はベンダー,サービスプロバイダ任せなので,リードタイムの管理がしづらい。

ドロップシッピングとは


ドロップシッピングとは,ネットショップで注文が入った時点で,それをメーカーや卸売り業者(以下,ベンダー)から直送させるネットショップの運営方法の一形態である。商品提供業者の卸値に自由に上乗せをして販売し,差額分がネットショップの利益となる。  ネットショップは注文を受け次第,注文情報をベンダーに転送することで,商品の発送を代行してもらうことができる。在庫を持たずに,商品に触ることなくネットショップを開くことができる。 アメリカやイギリスではメーカーなどのベンダーと販売者(以下,ドロップシッパー)が直接連絡を取って契約を結び,販売を行うケースが多く見受けられるが,日本ではサービスプロバイダが両者を仲介していることがほとんどである。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。